スウェーデンのプログレッシブ・デスメタルバンド、”TRIBULATION”の前作から3年ぶり通算4枚目のアルバム「DOWN BELOW」

アルバムはCentury Media Recordsより1月26日にリリースが予定され、国内盤はワードレコーズより2月7日にリリース予定。

新たにアルバム収録曲”The World”の Album Trackが公開されました。



・その他のOFFICIAL VIDEO

3 “Lady Death”


1 “The Lament”


 

・「DOWN BELOW」

1. The Lament
2. Nightbound
3. Lady Death
4. Subterranea
5. Purgatorio
6. Cries from the Underworld
7. Lacrimosa
8. The World
9. Here Be Dragons
レーベル: Century Media Records


セクシーなデス・メタル。トリビュレーションのスタイルを説明するとしたら、そんな言葉がピッタリではないだろうか。15年、ブラック・メタル・バンド、Watainと来日も果たしている彼ら。同郷の後輩、トリビュレーションについてWatainは、「とても素晴らしいバンドだし、とても良い奴らなんだよ。だけど、その、何と言うか、とても女性っぽいところがあるんだ」と奥歯に物がはさまったような言いっぷりをしていた。「女性っぽいところがある」とはどういうことなのだろう?(トリビュレーションのメンバーは全員男性である。念のため。)

よくよく聞いてみると、ギタリストがステージで、胸の谷間メイクをしているというである!それはいくらなんでもありえないだろうと、ステージをよく確認してみると、驚いたことに彼は胸の真ん中に黒い影を描いていて、まるで胸の谷間があるかのように見せているではないか。デス・メタル・バンドがメイクをすることは、決して珍しいことではない。(ルーツのHellhammerのことを考えれば、むしろ正統的なことだ。)しかし、それが胸となると、また話は別。あまりに斬新すぎはしないか。

トリビュレーションの結成は04年にまでさかのぼる。05年に『The Ascending Dead』というデモを、翌06年には『Putrid Rebirth』というEPを発表した後、09年に『The Horror』でアルバム・デビュー。ゴシック・ロックをベースにしたデス・メタルという非常に興味深いスタイルで、大きな話題となった。13年にセカンド・アルバム『The Formulas of Death』を発表後、ヨーロッパの大手レーベル、Century Mediaと契約。15年にサード・アルバム『The Children of the Night』をリリース。この年に、前述の来日公演も行っている。ちなみにギターのAdam Zaarsは06年~11年の間、あのEnforcerでもギターを弾いていた。

そして今回発売となるのが、4枚目のアルバム『Down Below』である。本作でもトリビュレーション節は健在。もしこのバッキングに、シスターズ・オブ・マーシー的なヴォーカルを乗せたら、そのままゴシック・ロックとして成立してしまうような、暗くも美しい世界観が展開されていく。2本のギターによる冷たいメロディ、ピアノやシンセ、ストリングスによる絶妙な味付け、そしてストーリー・テラーの役割を果たすデス・ヴォイス。ブラック・メタルのような雰囲気を感じさせるパートもあり、まるで古いヨーロッパのゴシック・ホラーを見ているような気分にさせてくれる。怪しい色気たっぷり、背筋の凍る美しい音楽だ。ゴシック+デス・メタルというと、何だかとても変な音楽をやっているような印象を与えるかもしれない。しかし、飛び出してくる音楽は、とにかくドラマチック、メランコリック、そしてセクシー。つまり実に北欧らしい、日本人の琴線に触れるメタルなのである!

TRIBULATION

Johannes Andersson -Bass / Vocals
Adam Zaars – Guitars
Jonathan Hultén – Guitars
Oscar Leander – Drums

前作「The Children of the Night」から”Jakob Liungderg”(Dr)が脱退し”Oscar Leander”(Dr)が加入したようです。

・ Facebookページ
https://www.facebook.com/Tribulationofficial/




その他収録曲が公開された時は追記していきます。

 

以上”TRIBULATION 新作情報 「DOWN BELOW」”でした。