TRIVIUM(トリヴィアム)『IN THE COURT OF THE DRAGON』

アメリカのヘヴィメタル・バンド、TRIVIUM(トリヴィアム)がニューアルバム『IN THE COURT OF THE DRAGON』を日本では2021年10月20日にリリース

リリース元はワーナーミュージック・ジャパン。(海外ではRoadrunner Recordsより10月8日にリリース。)

スタジオ・アルバムのリリースは2020年の『WHAT THE DEAD MEN SAY』以来であり通算10作目になります。

今作は前作と同じくJosh Wilburがプロデュースし、ミックスを担当。2020年秋にアメリカはオーランドのフルセイル大学にてレコーディングされました。

アルバムのカヴァー・アートワークは、フランス人アーティスト Mathieu Nozieres(@mathieunozieres on Instagram)によるオリジナルの油絵です。

Matt Heafy(Gt,Vo)はアートワークについて以下のコメントをしています。

「In The Court Of The Dragon』の音楽が形になっていく中で、重要な美術館の壁に飾られているような、亡くなったルネッサンス期の巨匠が描いた壮大なアートワークが必要だと考えました」「徹底的に調査した結果、カラヴァッジョやジェンティレスキのような作品を作ることができる数少ない現役アーティストの一人、画家のMathieu Nozieresを見つけました。Mathieuは私たちの曲のタイトルをもとに、私たちが想像していたものとは違うオリジナルの油絵をキャンバスに描いてくれました。驚くほど息を呑むような壮大な作品で、曲やアルバムのサウンドにも似ています」

 

今年7月に先行リリースされていたタイトルトラック「In The Court Of The Dragon」についてバンドは以下のコメントをしています。

「「InTheCourt Of The Dragon」は、ファンがTRIVIUMについて知り、愛するようになったすべてのものを表しています。それは、見事なメロディー、何マイルにも及ぶリフとソロ、示唆に富む歌詞、複雑なストーリーテリング、そして段階的なボーカルアタックです。」

「曲のタイトルはロバート・W・チェンバーズの短編小説から来ました。物語は恐怖と不確実性に満ちており、それは私たち全員が生きてきた時代にふさわしいと感じました。昨年。直接再話するのではなく、別のルートに進んで、自分たちが作成している音楽を中心に独自の物語を構築することにしました。」

「InTheCourt Of The Dragon」の初めに流れる壮大なイントロはEMPERORのイーサーンによって作曲/編曲されました。

OFFICIAL VIDEO

Trivium – In The Court Of The Dragon 全10曲再生リスト

-トラックリスト-
01. X
02. In the Court of the Dragon
03. Like a Sword over Damocles
04. Feast of Fire
05. A Crisis of Revelation
06. The Shadow of the Abattoir
07. No Way Back Just Through
08. Fall into Your Hands
09. From Dawn to Decadence
10. The Phalanx

In The Court Of The Dragon

イン・ザ・コート・オブ・ザ・ドラゴン (メガジャケ付)

 

TRIVIUM(トリヴィアム)

1999年に結成。2000年代を代表するメタルバンドの1つとして挙げられる、アメリカはフロリダ州オーランド出身のヘヴィメタル・バンドです。(メタルコア、スラッシュ/ヘヴィメタル)

アメリカ人と日本人のハーフであるマシュー・キイチ・ヒーフィー(Gt,Vo)による、クリーン・ヴォーカルとグロウル/スクリームを使い分けるボーカル・スタイルに、北欧メロディック・デスメタルや80年代スラッシュに正統派ヘヴィメタルなど、クラシカルなヘヴィメタルからモダン・ヘヴィネスまでのあらゆる要素を取り入れたスタイルを特徴としています。

2003年に『Ember to Inferno』でデビューし、2017年に通算8枚目のスタジオ・アルバム『THE SIN AND THE SENTENCE』をリリース。収録曲”Betrayer”はグラミー賞ベストメタルパフォーマンスにもノミネートされました。

近年では2016年の7th『Silence in the Snow』リリースに伴うツアーで来日し、2020年3月開催の「KNOTFEST JAPAN 2020」にも出演予定です。

メンバー

Matt Heafy – Guitar, Lead Vocals
Corey Beaulieu – Guitar, Vocals
Paolo Gregoletto – Bass, Vocals
Alex Bent, – Drums

関連作品・グッズ

ホワット・ザ・デッド・メン・セイ

Shogun

関連リンク

FacebookInstagramSpotify


 

新譜リリース一覧