TWILIGHT FORCE『DAWN OF THE DRAGONSTAR』
スウェーデンのシンフォニック・パワーメタルバンド、TWILIGHT FORCE(トワイライト・フォース)がニューアルバム『DAWN OF THE DRAGONSTAR』を2019年8月16日にリリース

海外でのリリース元はNuclear Blast Records、日本ではワードレコーズ。アルバムのリリースは『Heroes of Mighty Magic』以来約3年ぶり通算3枚目になります。

ワードレコーズの通販では、50セット限定で「直筆サインカード付CD+Tシャツ」の予約も受け付けています↓
https://wardrecords.com/products/detail5103.html

前作と同じくBlackwald (Key/Piano/Violin/Cembalo)とLynd (Gt)がプロデュースし、Blackwaldがミキシング/マスタリングを担当。カバーアートワークはKerem Beyitによって制作されました。

バンドは2017年にボーカルのChrileon(Christian Eriksson)が脱退しており、 2018年にTRICK OR TREAT/元Luca Turilli’s RHAPSODYの Allyon (Alessandro Conti)が加入しています。

OFFICIAL VIDEO

6. Queen Of Eternity NEW!


1. Dawn Of The Dragonstar


9. Night Of Winterlight


『DAWN OF THE DRAGONSTAR』Spotify

トラックリスト
01. Dawn Of The Dragonstar
02. Thundersword
03. Long Live The King
04. With The Light Of A Thousand Suns
05. Winds Of Wisdom
06. Queen Of Eternity
07. Valley Of The Vale
08. Hydra
09. Night Of Winterlight
10. Blade Of Immortal Steel

Bonus Tracks (DIGIBOOK & 2LP only)
11. The Power Of The Ancient Force (HANNA TURI Version)
12. With The Light Of A Thousand Suns (Orchestral Version)
13. Enchanted Dragon Of Wisdom (2007 Demo Version)
14. Forest of Destiny (2007 Demo Version)





インフォメーション

トワイライト・フォースの歴史は2011年にサバトンの出身地としても知られるスウェーデン中部のファールンにて、リンド(ギター)とブラックヴァルト(キーボード)がバンド結成へと動き出したことでスタートする。スタジオにこもり、楽曲の制作を行なった2人は、曲がまとまったところで、元SUNSTRIKEのクリレオン(ヴォーカル)とボルン(ベース)、元バルティモアのロベルト(ドラムス)を迎え、リハーサルを開始。2013年11月にスペインのマドリードで初めてのライヴを行なったバンドは、スウェーデンのインディー・レーベルBlack Lodgeと契約し、アルバム『テイルズ・オブ・エンシェント・プロフェシーズ』(2014年)でデビューを果たす。

イタリアのラプソディー・オブ・ファイアの流れを汲んだようなエピック/シンフォニック・メタルを展開したこの作品が日本でも好評を博すと、ドイツの大手メタル・レーベルのNuclear Blastと契約が成立。2ndアルバム『ヒーローズ・オブ・マイティ・マジック』(2017年)を発表する。この作品からドラムがディアッシュに交代し、2人目のギタリストのエレンディールを迎えた6人編成となっていたが、前作からサウンド・プロダクションが向上するだけではなく、楽曲そのものもスケール・アップを果たしており、ゲストとしてサバトンのヨアキム・ブロデーンとラプソディやANGRAのファビオ・リオーネという2人の人気シンガーが参加したことも話題となったものだった。

こうしてエピック/シンフォニック・メタル・シーンにおいて注目のバンドとなったトワイライト・フォースだが、ツアー中の2017年10月にクリレオンが脱退。残りのツアーはサバトンのギタリストで、自己のバンドのマジェスティカでも活動しているトミー・ヨハンソンを起用して乗り切ったバンドは、2018年にトリック・オア・トリートやルカ・トゥリッリズ・ラプソディーのシンガーとして知られるアレッサンドロ・コンティがアリオンという名前で加入。新体制で制作したのがこの3rdアルバム『ドーン・オブ・ザ・ドラゴンスター』である。

華やかなシンフォニック系スピード・メタル・チューンのタイトル曲「ドーン・オブ・ザ・ドラゴンスター」で幕を開けるこの作品は、荘厳なクワイアとオーケストレーションを盛り込み、オペラのようにスタートする「ウィズ・ザ・ライト・オブ・ア・サウザンド・サンズ」、12分を超えるミュージカルのような様々な展開を見せる「ブレイド・オブ・イモータル・スティール」など、メロディック・スピード・メタルをベースにしつつ、ゴージャスなアレンジを施したナンバーが並んでいる。アリオンのハイ・トーン・ヴォイスを武器にしたポップ性のあるヴォーカル・メロディ、テクニカルなギター・ソロも聴きどころで、曲によってはトビアス・サメットのアヴァンタジアのような雰囲気も感じられるのも魅力。まさにバンドの進化を示したエピック/シンフォニック・メタルの傑作に仕上がっている。

ボーナス・トラックにはデビュー作『テイルズ・オブ・エンシェント・プロフェシーズ』収録の「ザ・パワー・オブ・ジ・エンシャント・フォース」をスウェーデン人女性シンガーのハンナ・トゥリが歌ったヴァージョン、本作収録の「ウィズ・ザ・ライト・オブ・ア・サウザンド・サンズ」のオーケストラル・ヴァージョン、『テイルズ・オブ・エンシェント・プロフェシーズ』に収録された「エンチャンテッド・ドラゴン・オブ・ウィズダム」と「フォレスト・オブ・デスティニー」の2007年のデモが収録されている。

TWILIGHT FORCE

2011年に結成されたスウェーデン出身のシンフォニック・パワーメタルバンド。

2014年にデビューアルバム『Tales of Ancient Prophecies』、2016年に2ndアルバム『Heroes of Mighty Magic』をリリース。

デビューアルバム『Tales of Ancient Prophecies』はスウェーデンのナショナル・チャート29位を記録しています。

2017年には”Evokes Fest 2017″にて初来日を果たしました。
メンバー
Alessandro Conti – Lead vocals
Lynd – Electric and acoustic guitars, Lute
Born – Bass
Blackwald – Keyboards, Piano, Violin, Cembalo
De’Azsh – Drums
Aerendir – Guitar
関連リンク
Official SiteFacebookSpotify




新譜リリース一覧