VISION DIVINE『WHEN ALL THE HEROES ARE DEAD』
イタリアのプログレッシブ/メロディック・パワーメタル・バンド、VISION DIVINE(ヴィジョン・ディヴァイン)がニューアルバム『WHEN ALL THE HEROES ARE DEAD』(ホウェン・オール・ザ・ヒーローズ・アー・デッド)を2019年10月25日にリリース

海外でのリリース元はScarlet Records、日本ではキングレコード。スタジオ・アルバムのリリースは『Destination Set To Nowhere』以来約7年ぶり通算8枚目になります。

バンドは前作からメンバーチェンジをしており、DERDIANのイヴァン・ジャンニーニ(Vo)、RAGEやMASTERPLAN等で活動してきたマイク・テラーナ(Dr)が新たに加入しています。

インフォメーションによると、今作は”VISION DIVINEが得意とする様式美と疾走感が完全に復活しており、新体制と共に原点回帰を図った渾身のニュー・アルバム”とのこと。

日本盤のみデビューアルバム「ヴィジョン・ディヴァイン」の最新リマスター音源に4曲のボーナストラックを加えた2枚組仕様でのリリースになります。

OFFICIAL VIDEO

2. The 26th Machine NEW!


3. 3 Men Walk on the Moon
トラックリスト
DISC1
01. Insurgent (Intro)
02. The 26th Machine
03. 3 Men Walk on the Moon
04. Fall from Grace
05. Were I God
06. Now That All the Heroes Are Dead
07. While the Sun Is Turning Black
08. The King of the Sky
09. On the Ides of March
10. 300
11. The Nihil Propaganda
12. Rusty Nail (X-Japan cover)

DISC2
01. ニュー・エデン
02. オン・ザ・ウィングス・ザ・ストーム
03. ブラック・マスク・オブ・フィア
04. エクソダス
05. ザ・ウィスパー
06. フォーゴットン・ワールズ (インストゥルメンタル)
07. ヴィジョン・ディヴァイン
08. ザ・ファイナル・カウントダウン
09. ザ・ミラクル
10. フォーエヴァー・ヤング
11. オブ・ライト・アンド・ダークネス


VISION DIVINE

1998年にLABYRINTHのオラフ・トールセン(Gt)のソロプロジェクトとして始動した、イタリア出身のプログレッシブ/メロディック・パワーメタル・バンド。

1999年に『Vision Divine』でデビューし、現在までに合計7枚のスタジオ・アルバムをリリースしています。
メンバー
Ivan Giannini – Vocals
Olaf Thorsen – Guitar
Federico Puleri – Guitar
Andrea “Tower” Torricini – Bass
Alessio Lucatti – Keyboards
Mike Terrana – Drums
関連リンク
Official SiteFacebookTwitterSpotify