VISIONS OF ATLANTIS『WANDERERS』
オーストリアのシンフォニック・メタル・バンド、VISIONS OF ATLANTIS(ヴィジョンズ・オブ・アトランティス)がニューアルバム『WANDERERS』を2019年8月30日にリリース

海外でのリリース元はNapalm Records、日本ではワードレコーズ。アルバムのリリースは『THE DEEP & THE DARK』以来約1年半ぶり通算7枚目になります。

OFFICIAL VIDEO

4. A Journey To Remember NEW!


2. Heroes Of The Dawn

トラックリスト
01. Release My Symphony
02. Heroes Of The Dawn
03. Nothing Lasts Forever
04. A Journey To Remember
05. A Life Of Our Own
06. To The Universe
07. Into The Light
08. The Silent Scream
09. The Siren & The Sailor
10. Wanderers
11. At The End Of The World

ボーナストラック:
12. Bring The Storm
13. In And Out of Love

日本盤限定ボーナストラック
14. メメント





インフォメーション

’00年にオーストリアにて始動。’02年にアルバム『ETERNAL ENDLESS INFINITY』でデビューを飾ったシンフォニック・メタル・バンド、ヴィジョンズ・オブ・アトランティスはこれまでに数え切れないメンバー・チェンジを経てきた。現在も残っているオリジナル・メンバーは、ドラマーのトーマス・カザーだけで──当初は、そのトーマスの近しい友人達で結成された、文字通り“オーストリア人のバンド”であったが、ラインナップに異動がある度に各国から逸材を補充し、いつしか多国籍なバンドとなっていた。

しかし、ドラマティックな叙情サウンドはデビュー時からほぼ不変。“epic” “romantic” “mysterious” “dark” “powerful” “emotional” “intimate” “passionate” “exotic” “melodic” “poetic” “fantastic”…と、あらゆる劇的HR/HMのサウンド要素を常に内包している。現ラインナップは、トーマス[Ds]以下、クレモンティーヌ・ドロネー[Vo]、ミケーレ・グアイトリ[Vo]、 クリスティアン・デューハ[G]、ハーバート・グロス[B]となっており、元WHYZDOM~SERENITYで現EXIT EDENでもあるクレモンティーヌはフランス出身、KALEDONやTEMPERANCEにも籍を置くミケーレはイタリア出身。過去には、米人シンガーやギリシャ人シンガーを迎えたこともあった。

元々、NIGHTWISHを目標にしていたというヴィジョンズ・オブ・アトランティスだが、男女クリーン・ヴォーカルをレギュラーで擁し、ゴシカルにもプログレッシヴにもなり過ぎず、基本グロウルやスクリームを用いることなく、飽くまでメロディックなHR/HM路線を堅持している点は特筆しておきたい。セカンド『CAST AWAY』(’04)以降、『TRINITY』(’07)、『DELTA』(’11)、『ETHERA』(’13)、『THE DEEP & THE DARK』(’18)と作を重ねる中で、メロデスやNUメタルのエッセンスを盛り込もうとしたこともあるにはあったが、その主軸となる方向性がブレることはこれまでなかった。

そんな彼等は、この2月に初のライヴ・アルバム『ザ・ディープ・アンド・ザ・ダーク・ライヴ~シンフォニック・メタル・ナイツ』を発表したばかりだが、早くも『THE DEEP & THE DARK』に続くスタジオ新作『ワンダラーズ』が完成した。通算7作目となる本作のタイトルは、かの『指輪物語』(J.R.R.トールキン作)に登場する詩の一節 “Not all those who wander are lost(彷徨う者は全て迷い人とは限らない)” から採られたという。この “アラゴルンの詩” は、“All that is gold does not glitter(全ての金が光っているとは限らない)” で始まり、 “The crownless again shall be king(王冠はまた王の許へ戻る)” で締め括られ──つまりは、 “見かけに騙されてはいけない” という意味が込められた、誰しもが心掛けるべき金言である。

過去最高にメロディックで、ノーブルで、エレガントな仕上がりとなった最新作『ワンダラーズ』。その日本盤には、海外盤と共通のボーナス・トラック2曲に加え、さらに日本限定のボーナス・トラック1曲が収録される予定だ。

VISIONS OF ATLANTIS

2000年に結成。Napalm RecordsのCEOであるThomas Caser(Dr)と元SERENITY/EXIT EDENのClémentine Delauney(Vo)擁する、オーストリア出身の男女ツインボーカル・シンフォニック・メタルバンド。

2002年にNapalm Recordsより「Eternal Endless Infinity」でデビューし、現在までに合計7枚のアルバムをリリースしています。
・メンバー
Clémentine Delauney – vocal
Siegfried Samer – vocal
Christian Douscha – Guitar
Herbert Glos – Bass
Thomas Caser – Drum
関連リンク
FacebookSpotify関連商品(AMAZON)




紹介した新譜リリース一覧