VLTIMAS『SOMETHING WICKED MARCHES IN』
元MORBID ANGELのデヴィッド・ヴィンセント(Vo)、元MAYHEM/AURA NOIRのルネ・エリクセン 、CRYPTOPSYのフロ・モーニエによる新バンド、VLTIMASがデビューアルバム『SOMETHING WICKED MARCHES IN』を海外で2019年3月29日にリリース

アルバムは全9曲を収録。リリース元はSeason of mist。

デビューアルバムとなる『SOMETHING WICKED MARCHES IN』は、プロデューサーの Jaime Gomez Arellano (PARADISE LOST、WITH THE DEAD)とともに、イギリスのOrgone Studiosで制作。

アルバムのカバーアートワークはポーランド人アーティスト、Zbigniew M. Bielak(Ghost、Paradis Lost、Boulzer、ZHRINE)によって制作されました。

公開されているOFFICIAL VIDEO

2. Praevalidus

トラックリスト
01. Something Wicked Marches In (4:28)
02. Praevalidus (3:39)
03. Total Destroy! (2:57)
04. Monolilith (5:25)
05. Truth And Consequence (3:42)
06. Last Ones Alive Win Nothing (5:29)
07. Everlasting (3:40)
08. Diabolus Est Sanguis (3:27)
09. Marching On (5:34)
合計 38:21

VLTIMAS

メンバー
David Vincent (元MORBID ANGEL)– Vocals
Rune Blasphemer Eriksen (元MAYHEM/AURA NOIR) – Guitars
Flo Mounier (CRYPTOPSY) – Drums/Guitars
関連リンク
Facebook




新たに収録曲が公開された時は記事を更新していきます。

以上”VLTIMAS デビューアルバム『SOMETHING WICKED MARCHES IN』”でした。

紹介した新譜リリース一覧