WARBRINGER 「WOE TO THE VANQUISHED」
2008年にデビューアルバムをリリースした、アメリカの若手スラッシュメタルバンド”WARBRINGER”(ウォーブリンガー )の、3月31日に発売される通算5枚目のアルバム「WOE TO THE VANQUISHED」

新たに新曲”Shellfire”が公開されました。

メンバーのコメントなどから、戦争などによる残酷な現実や荒廃をテーマにしているらしく、今作は古典的なスラッシュメタルとモダンなエクストリームメタルがミックスした攻撃的な曲が多く占められているが、 メロディアスさやプログレッシブな要素も保った作品とのことです。(意訳)

現在公開されている”Shellfire”と”Silhouettes”のOFFICIAL VIDEOです↓




・「WOE TO THE VANQUISHED」曲目

1 Silhouettes
2 Woe To The Vanquished
3 Remain Violent
4 Shellfire
5 Descending Blade
6 Spectral Asylum
7 Divinity Of Flesh
8 When The Guns Fell Silent

・日本盤限定ボーナストラック
9 Evil Dead (DEATH カバー )
10. Arc Lite (CORONER カバー)

〈メンバー〉
ボーカル John Kevill
ギター Adam Carroll
ギター Chase Becker
ベース Jessie Sanchez
ドラム Carlos Cruz






意訳は少し怪しいので、後ほど修正するかもしれません。

以上”WARBRINGER 新作情報 「WOE TO THE VANQUISHED」”でした。