WITHERFALL 『A PRELUDE TO SORROW』
11月にはKAMELOTのサポートとして来日予定のアメリカのプログレッシブ・メタルバンド、WITHERFALL(ウィザーフォール)が新曲「Moment Of Silence」を公開しました。

この曲は、海外で11月2日リリースのニューアルバム『A PRELUDE TO SORROW』に収録されます。



こちらは同アルバム収録曲「Ode To Despair」のミュージックビデオです↓



『A Prelude To Sorrow』 (Trailer)

『A PRELUDE TO SORROW』

アルバムは全10曲を収録し、海外でCentury Media Recordsより11月2日にリリース

デビューアルバム『NOCTURNES AND REQUIEMS』から2年ぶり通算2枚目となる今作は、フロリダ州パナマシティのBoogie Tracks Recording Studioで制作され、ミックス/マスタリングを Chris ‘Zeuss’ Harris (SANCTUARY, QUEENSRYCHE, ICED EARTH) が担当。

アートワークはスウェーデンのメタルミュージシャン/グラフィックデザイナー 、Kristian Wåhlin (DISSECTION、EMPEROR、AMORPHIS、etc.)によりデザインされました。

アルバムのタイトル『A PRELUDE TO SORROW』は、1年以上に及ぶ癌との闘病生活の末2016年12月に亡くなったバンドメンバー Adam Paul Sagan のイニシャルから作られたものであり、メンバーは「ドラマーであり一人の友人である彼が去った、非常に暗い現実の中にインスピレーションを受けている」とコメントしています。
トラックリスト
01. A Prelude To Sorrow
02. We Are Nothing
03. Moment Of Silence
04. Communion Of The Wicked
05. Maridian’s Visitation
06. Shadows
07. Ode To Despair
08. The Call
09. Vintage
10. Epilogue

WITHERFALL

2013年に現在ICEDEARTHに所属するJake Dreyer (Gt)、元WHITE WIZZARDのJoseph Michael(Gt)、INTOETERNITYやCIRCLE II CIRCLEなどのバンドで活動暦があったAdam Sagan(Dr)により結成。ジャズ,ロック,ポップ音楽と様々なジャンルの仕事をこなしてきたAnthony Crawford(Ba)がのちに参加。

ドラムを担当したAdam Sagan は、1年以上に及ぶ癌との闘病生活の末2016年12月7日に36歳の若さで亡くなっており、バンドには新たにSteve Bologneseが加入。

2016年に「NOCTURNES AND REQUIEMS」でデビューし、2018年11には大手レーベルCentury Media Recordsより2ndアルバム「A Prelude To Sorrow」をリリース予定。同月にはKAMELOTの来日公演にサポートとして出演予定。
メンバー
Joseph Michael – Vocals/Keyboard
Jake Dreyer – Guitars
Steve Bolognese – Drums
Anthony Crawford – Bass
Fili Bibiano – Guitar

関連リンク
OFFICIAL SITEFacebookInstagramTwitterSpotify




収録曲が公開された時は追記し更新していきます。

以上”WITHERFALL 新曲「Moment Of Silence」のミュージックビデオを公開”でした。