速弾きに適したピック

以前 「速弾きに適したピック」という記事を書きましたが、あの中で挙げたピックの中でも幾度か使用して最も好感触だった“JAZZIII”の感想を書いていきたいと思います。

私が以前まで使用していたピックはJim Dunlopのstubbyの3mmと2mmでした。
Jim Dunlopのstubbyは高音弦を主に弾くソローやスウィープなどではとても弾きやすいのですが、低音弦を主体とした弦移動するリフやバッキングでのピックがズレやすく慣れていても気になる部分でした。

記事を書いた後”JAZZ III”のピックを改めて使用したところ、高音弦を主に弾くソローやスウィープの弾きやすさにおいては”stubby”にやや譲るものの、気になっていた低音弦を主体とした弦移動するリフやブリッジミュートを多用するバッキングを弾く際にもズレなどが気にならずメタル系の曲を全体通して弾く際にはこちらの方がより良いのではないかと感じました。

“JAZZ III”といっても種類が幾つもあるので試した中でも良いと思った3種類を挙げていきます。

 

・JazzIII /BLACK

赤と黒の2種類あるノーマルのJAZZIIIの黒タイプ。ピッキングした時の弦の滑りが良く、上で述べた低音弦を主体とした弦移動するリフやブリッジミュートを多用するバッキングにも特に問題は感じさせず好感触。
JAZZ 3 BLACK
・ULTEX JAZZIII

ULTEXという特別な素材で出来た物で、ナチュラルな音が好評のタイプ。
持った感触にも違いがあり、通常の物よりも“程よく滑りにくい”なと感じました。(手汗をかかない方や乾燥した季節には逆に滑りやすくなるとの事があるようです)
しかし、材質故かオルタネイトの速弾きをしていると”ほんのわずかに擦っている?”感覚があり、支障はないものの通常の物と比べると“少し弦滑りが悪い印象”
ULTEX JAZZIII

 

・John Petrucci JazzIII

ドリーム・シアターのギタリストであるジョン・ペトルーシモデルのJazzIII。
素材はこちらもULTEXで出来ているらしいのですが、フィニッシュが違うからか握った感触が違い、弾いた時の“弦滑りは通常のULTEXの物よりも良く” 通常のULTEXで感じた擦っている?感覚が無い。
こちらもノーマルの物よりピック自体もズレにくく滑りにくい印象。
サイズはノーマルの物よりもやや大きく厚く、JazzIII自体が小さめなので程よい大きさからノーマルの物と比べて”コードも弾きやすく”感じます。
通常の物とどちらが良いかはプレイスタイルで分かれると思いますが、こちらも良い物でした。
John Petrucci JazzIII

一般的にも広く知られ速弾きをする人へのオススメとして名前が挙がるピックですが、やはりとても良い物ですね。