CUSTOMTONE パッチの説明編集方法4

今日はLINE6のCUSTOMTONEでの”パッチ”をアップロード後の“説明文の編集方法”“アップロード後のパッチの消去方法”を画像を交えて書いていきたいと思います。

 

以前アップロードの方法を書きましたがその時は、

CUSTOMTONE パッチの説明編集方法1

この画像の様なな説明文章、ギタリスト曲名バンド名ジャンルなどのスタイル説明文などのコメントを、どこで書き編集するのかが分かりませんでしたが、この方法が判明しましたので画像を交えて書いていきます。
とても簡単な方法でその時なぜ気づかなかったのかと思いました;

 

まず以前のLine6の CUSTOMTONEにPOD HDのパッチをアップロードする方法で書いた方法でアップします、するとこの様な画面になります。

CUSTOMTONE パッチの説明編集方法2

この際上の画像で“赤い四角で囲んだPODの画像のアイコンの部分をクリック”します。

※アップロード後別のページに飛んでしまった後でもMY TONESから同じ場所をクリックでも良いです。

CUSTOMTONE パッチの説明編集方法3

するとこの様なページに飛ぶので GUITARIST(ギタリスト)、SONG(曲名)、BAND(バンド名)、STYLE(ジャンルなどのスタイル)、Comments(説明文などのコメント)の編集が可能になります。

 

試しに各項目にTestと書き込んでみます↓

CUSTOMTONE パッチの説明編集方法4

 

 

その後CUSTOMTONEのアップロードされたパッチのページを確認してみると。

 

CUSTOMTONE パッチの説明編集方法5

 

この様に編集で書かれた文章が反映された状態になります。

以上CUSTOMTONEでのアップロード後の“説明文の編集方法”でした。

 

 

・パッチの消去方法

完成したと思ったけど、やっぱりもうちょっと調整したくて以前アップした”パッチ”を消したいと思ったことはないでしょうか?
簡単な方法なので気づいている方は多いと思いますが、こちらの方法も画像を交えて書いていきます。

CUSTOMTONE パッチの説明編集方法2

 

 

上で書きましたアップロード後の説明文の編集方法と同じく“赤い四角で囲んだPODの画像のアイコンの部分をクリック”します。

 

CUSTOMTONE パッチの消去方法5

すると”編集ページの右の方にあるDELETEと書かれたア場所がありますので、これをクリックします”
そうすると消去して良いかどうかのYES/NOが出ますのでYESを押します。

CUSTOMTONE パッチの消去方法2

 

これで消去が完了します。

確認したところ実際にCUSTOMTONEから消えるには、少し時間がかかる様で反映されるまでラグがあります。

 

以上“アップロード後のパッチの消去方法”でした

 

これからも音作りやPOD関連に関する事をまとまり次第、書いていきたいと思います。