POD HD 音作り記録 Children Of Bodom アレキシ・ライホその3 3

今日は昨日のPOD HD 音作り記録 Children Of Bodom  アレキシ・ライホその2に引き続き調整して作りましたChildren Of Bodomの音作りの記録を書いていきたいと思います。

昨日記事を投稿してから宣言通り”Downfall“の設定を作っていたのですが、
以前よりカラッとした音になり、より2ndアルバムと3rdアルバムの曲全般に使えそうな音になったのではないかと思います。

PODの音は中々前に出ず引っ込んでしまうため”より輪郭がハッキリとした最新のアルバムの音”は難しいですが、調整次第で6thアルバム以降の音にもある程度近づけそうです。

 

・ギターのスペック
テンプレですがギターのスペックの差を書いておきます、ある程度長く弾いている方なら分かると思いますが細かいギターのスペックで音は変わるので。

当時のアレキシ・ライホ

JACSON USA ランディV
ボディー木材 不明
指板 エボニー
ピックアップ J-50BC
内蔵ブースター JE-1000 or JE-1000G
トレモロユニット フロイドローズ

それに対して私のギターは

JACKSON STARARS ケリー
ボディー アッシュ
指板 エボニー
ピックアップ EMG JH-SET
内蔵ブースター 無し
トレモロユニット ケーラー

では今回の設定を書いていきます。

POD HD 音作り記録 Children Of Bodom アレキシ・ライホその3
前回と少々の変化しかありませんが、初めて見る方もいると思うので今回も詳細に書いていきます。

アンプAとB共に”Angel F-Ball”にしキャビネットA“4×12 Hiway”“57 On Axis”
B“4×12 XXL V-30”“57 On Axis”

以前との違いとしてBのマイクを“409 Dynamic”から“57 On Axis”に変更しました、

“57 On Axis”は音抜けは良いのですが軽くなってしまうため、今までBの方を”409 Dynamic”で補う形にしていましたが、設定を弄っていたところAとB共に”57 On Axis”の方がカラッとして良い感じになると思い変更しました。

アンプの設定は

Aは DRIVE32  BASS40  MID80  TREBLE80  PRES25
Bは DRIVE32  BASS40  MID80  TREBLE80  PRES25

PRESに関しては現在25としていますが感覚的には中々定まらず今後も変化すると思います。

 

・AMP PARAMETERS
POD HD 音作り記録 Children Of Bodom アレキシ・ライホその3 2

今回はAとB共に“BAIAS”“BAIAS X”を両方とも1メモリ半程下げました。

狙いとしては前回と同じでチューブアンプ的な温かみをよりもソリッドステートタイプの立ち上がりの早い音にするためです。

・CAB PARAMETERS
POD HD 音作り記録 Children Of Bodom アレキシ・ライホその2 6

POD HD 音作り記録 Children Of Bodom アレキシ・ライホその2 7

こちらの設定には前回と変化がありません。

両方とも低音のニュアンスに影響のある“THUMP”“DECAY”のみを調整し、
Aは“THUMP”“DECAY”を1メモリ上げ、Bは逆に両方とも1メモリ程落としています。

 

・エフェクターの設定

POD HD 音作り記録 Children Of Bodom アレキシ・ライホその3 3

こちらも使うエフェクターは変わっていませんが設定が変化しています。

・アンプ後ろにある”Screamer”
前回と違いBASS50 TONE30 TREBLE50 DRIVE0 OUTPUT100 
とBASSとTREBLEをフラットにしTONEを下げました。

・アンプ前にある”Nois Gate”
前回と変わらずDECAY35  THRESHを35に設定。

・各イコライザー
ノイズゲート前のイコライザー3つですが以前とはこちらは殆ど変更がありません。

・Nois Gate前の”Parametoric EQ”
設定は LOWS 40%
周波数帯指定のFREQを50%
影響範囲の広さを指定する Qを40 
ブーストやカットの数値を指定するGAINを45に設定

・真ん中の”Studio EQ”
設定はLO FREQ 240Hz  LO GAIN -2.0dB    
HI FREQ 5000Hz      HI GAIN -3.0dB
前の設定から5000Hzの削り幅を1.0dB分だけ大きくしています。

・一番前の”Parametoric EQ”
設定は LOWSとHIGHSはデフォルトの50%
周波数帯指定のFREQを46%
影響範囲の広さを指定する Qを50
ブーストやカットの数値を指定するGAINを45に設定

 

・イコライザー設定の選択肢

私のギターではハイが強くなり過ぎてしまい採用しませんでしたが、
Nois Gate前の”Parametoric EQ”を一番前に持ってきて、FREQ85(周波数3000辺り)にしGAIN60と10%程ブーストさせて音抜けを良くするのもアリだと思います。

 

以上今回の設定でした。

Children Of Bodomの初期の音作りに関しては色々と調整しているとまだ変更する余地があり、いずれ付け加えて書くと思いますが、今回を一区切りとして次は4thアルバム以降の設定か別のバンドの音作りの設定を書いていくと思います。

 

シュミレータなので完全に原曲の音を再現することは不可能ですが出来るだけ近づけるように試行錯誤して音作りをしていきたいと思います。